AGAは治せます!憧れのフサフサヘア-への道のり

ブラシをとく男性

男性型脱毛症・AGAは大勢の男性が抱える悩みです。AGAは一度症状が出ると完全に治ることはなく、ケアをしなければ進行していく一方です。

薄毛や抜け毛は早めの気づきが大切です。若いからと言って安心してはいけません!

若者でも起こるAGAの原因について説明します。

AGAの要因を知って、フサフサヘアーを手に入れましょう!

ハゲはおじさんだけの病気じゃない

ハゲはおじさんの病気だと思って油断していませんか?
AGAは一般的に20~30代前半に初期症状が現れるほど、若者も無関係ではありません。特に早い人では十代後半から、頭頂部や生え際が薄くなり始めると言われています。
AGAは思春期以降の男性なら、誰でも起こりうるのです。

AGAには大きく分けて3タイプあります。頭頂部から進むO型、おでこの両端から進むM型とおでこ全体が後退するU型です。
始めの頃は気づきにくいですが、進めば進むほどハッキリとハゲが出てしまいます。
AGAは生活習慣の乱れや過度なストレスから起こるケースもあります。
中でも、もっとも多いのがヘアサイクルの乱れが原因でハゲることです。

悪玉男性ホルモンの恐怖

男性ホルモンであるテストロンは、酵素と結びつくと悪玉男性ホルモンのDHTへと変性します。
DHTの恐ろしさは、まだ成長途中の毛の育毛を止めて毛の周期を乱してしまうこと!周期が乱れた髪は発達を十分に遂げないまま抜けるペースだけが速まってしまい、結果ハゲてしまいます。

薄毛の進行は止められる!

厚生労働省が認めているプロペシアを飲めば、ハゲが進んでいくのを食い止められます。

世界でも60ヶ国以上で使用されており、日本皮膚科学会もプロペシアの成分が有用だと強く勧めるほど!日本で行なわれた臨床試験では98%と高い結果がでており、実績のある薬だと言えます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、DHTの生成を阻害して髪の周期を整えます。ヘアサイクルが整えば、脱毛症が改善され髪が成長できる環境が作られるのです。
プロペシアは、悪玉ホルモンDHTの生成を抑制して抜け毛を減らし、ハゲが改善します。毛を生やす働きをするミノキシジルとの併用ができれば、より早い効果が得られるでしょう!

AGAは薬の服用で治せます!でも対処しなければ常に進んでしまうため、ケアが必須です。薄毛、抜け毛が気になったら速やかに対応を!