女性の薄毛はどう治す?

女性の薄毛

「分け目が目立ってきた…」「抜け毛の量が増えてる」と、薄毛に悩んでいませんか?
薄毛は男性の悩みと思われがちですが、実は女性にも薄毛のリスクがあります。
女性なら誰でも、キレイな髪をいつまでも残したいと思うものです。
薄毛が気になり始めたら、早めの対策を始めましょう。

男性だけじゃない!FAGAとは

AGAは男性特有の脱毛症として知られていますが、実はFAGAという女性男性型脱毛症もあります。
FAGAに悩む女性は年々増加傾向にあるのです。
FAGAは加齢との結びつきが強いため多くの場合40代以降に発症しますが、中には10代後半や20代で発症するケースも…。

FAGAはどう進行するの?

FAGAはAGAと違い、進行を放置してツルツルになることはありません。
髪の毛が軟毛化して、頭頂部を中心に全体的に毛量が減っていくのがFAGAの特徴です。

FAGAの原因とは

FAGAの主な原因は、女性ホルモン・エストロゲンの減少です。
エストロゲンは加齢や過度なストレスなどによって減ってしまいます。
他にも食生活の乱れや誤ったヘアケア、睡眠不足や過酷なダイエットなども薄毛を引き起こす要因です。

まずは生活を見直そう

加齢による女性ホルモンの減少は止めることはできませんが、生活習慣の乱れが原因の場合は、改善が期待できます。
バランスのいい食生活、軽い運動をする、睡眠時間を確保するなど、できることから始めてみましょう。
また、頭皮を清潔に保つことも大切です。
毎日のシャンプーで汚れを落とし、ドライヤーでしっかり髪を乾かすようにしましょう。
清潔にしようと1日に何度もシャンプーをするのはNGです。やりすぎると頭皮が乾燥し、余分に皮脂が出てしまうので、シャンプーは1日1回が目安です。

薬でFAGAの治療ができるh3>
加齢が原因で起こるFAGAの場合、生活習慣の見直しだけで改善するのは困難。
しかし、投薬治療によって薄毛の進行防止や改善が期待できます。
男性の薄毛治療に用いられるミノキシジルの外用は、女性の薄毛にも効果的です。
女性型脱毛症診療ガイドラインによると、ミノキシジルの外用は最高評価のAを獲得しているほど安全かつ効果的な治療方法と言えます。
内服薬の場合、パントガールという薬がよく用いられます。世界で初めて女性の薄毛に効果が認められた薬です。パントガールは日本では処方箋が必要な薬ですが、海外通販を利用すれば処方箋なしで購入可能です。