知らないと危険!ミノキシジルの副作用

お医者さんからの注意

AGA(男性型脱毛症)に悩みを持つ方なら、ミノキシジルの名前を耳にしたことがあるはず!ミノキシジルはAGAの改善に大変役立つ成分です。

ミノキシジルはハッキリとした効果が得られる分、副作用に悩まされる人もたくさんいます。「早く髪が増えて欲しい!」という思いから用量を超えて服用すれば、重い体調不良を引き起こしてしまう可能性も…。
特にミノキシジルタブレットのような経口タイプは、成分が血流に乗って全身へ行き渡るため、身体への浸透率が高く影響を大きく受けてしまいます。

事前に副作用について知ることで、身体への負担を抑えて薄毛ケアを行ないましょう!

ミノキシジルの血行促進作用による影響

ミノキシジルは、血流を活発にして発毛への効果を促しますが、血行促進作用が身体に及ぼす悪影響の1つにむくみがあります。血液の巡りがよくなると、血中濃度が薄まってしまい、血液の濃度を戻そうと身体が働くことでむくみが起こってしまうのです。

むくみの他に、血圧が下がりすぎてしまう場合があります。元々ミノキシジルは、血圧降下剤として使用されていました。服用量を守ることで副作用は最小限に抑えられますが、多量を摂取してしまうと低血圧の症状が出る可能性が高まります。

抜け毛が増えるのは副作用?

ミノキシジルの服用を始めた頃に、抜け毛の量が増えることがあります。これは初期脱毛と言って、副作用ではありませんのでご安心を。
初期脱毛は乱れたヘアサイクルが整い始め、健康な髪が育ち始めている証拠です。脱毛は一時的な症状で、個人差はありますが1週間から1ヶ月ほどで治まります。
薬の服用をストップしてしまうと、ミノキシジルの効果を得られないままAGAは進行する一方です。
これから太くコシのある髪の毛が生えてくるためですので、少しの我慢と思い服用はきちんと続けましょう。