プロペシアを飲んでハゲる人がいる

薬とはてなマーク

プロペシアについて検索すると、「プロペシア ハゲる」というワードを目にしませんか?体質に合う・合わないがあるのか心配になりますよね。

薄毛を改善するために飲んだ薬で、症状が悪化してしまってはどうしようもありません。プロペシアを飲んでハゲるのはどうしてなのか、原因を説明します。

服用を始めて抜け毛が悪化…!?

プロペシアを飲み始めて脱毛量が増える現象を、初期脱毛と言います。
初期脱毛では、平均的に1日200~300本もの髪の毛が抜けてしまいます。多い人では抜け毛が500本に達してしまうことも…。
大量に髪が抜けてしまいビックリするかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。

プロペシアを飲むと、ヘアサイクルが整って新しい髪が育ち始めます。
プロペシアの効果で元気になった新しい髪が、古く弱った髪の毛を押し出すため起こるのが初期脱毛です。

初期脱毛はプロペシアの服用を初めて3ヶ月以内に起こります。個人差はあるものの、1週間~1ヶ月程で収まるので少しの辛抱です。

諦めたらそこで試合終了ですよ

初期脱毛は全員に出る症状ではないため、ビックリするかもしれません。
でも、薬が効いている証拠なので心配ありません。
古く弱った髪の毛が抜けているだけで、悪かったヘアサイクルが好循環に向かっている途中なのです。
ハゲがひどくなったからと服用を止めてしまえば、プロペシアの効果は得られずに元気な髪が生えてくることはありません。ただ髪を失っただけになってしまいます!

初期脱毛は増毛への第一歩です!
少しの我慢だと思い、諦めず根気よく服用を続けましょう。